あなたは大丈夫?この時期多くなる病、『五月病』。~原因と対策~

いよいよゴールデンウィークまであと2週間。あなたはどんな予定を立てていますか?

旅行に出る予定の方、まだこれから予定を立てる方、もう“寝て曜日”(笑)と決めている方…十人十色でしょう。
(旅行について知りたい方はこちら⇒「知っていると旅行がさらに楽しくなる!?旅行と旅の違いとは?」)

また新入生や新入社員の方は新生活でそれどころではない、といったところでしょうか?
(新生活についての記事はこちら⇒「新生活を応援!一人暮らしに必要な最低限のモノをリストアップ!」)

ところが、この新しい環境に馴染む、というのはなかなかに大変。人によっては五月病になってしまった、なんて話もたまに聞きます。

では、五月病とは具体的にいったいどういう状態を言うのでしょう?

日本では新年度の4月には入学や就職、異動など新しい環境への期待があり、やる気はあっても環境に馴染めなかったり、環境に馴染もうと頑張り過ぎた結果、ゴールデンウィーク明けの5月初め頃、人によってはうつ病に似た症状が起こることがあります。これが『五月病』と呼ばれています。

ちなみに医学的には『五月病』という病気は存在せず、診断名としては「適応障害」あるいは「うつ病」となります。

主な症状は抑うつ・無気力・不安感・焦りなどで、不眠・疲労感・食用不振・やる気の低下・対人関係が億劫になるなどの症状を訴える人が多いです。

原因は『ストレス』。4月からの新しい環境下、出会いや生活の変化などいろいろな新しい刺激がやってきます。
(出会いについての記事はこちら⇒「出会いには人を成長させる力があるのです。全ての出会いに感謝。」)

それらの変化が一気にやってきた時、人は何とか環境の変化に適応しようと頑張るものですが、それが実はとても大きなストレスになります。

人は自分らしく自然体でいられればストレスはたまりません。しかし、新しい環境ではそうもいかず、周囲に気を配ったりイベントがあったりと、気づいたらストレスが満載!ということにもなりかねません。

そんな状態が1ヶ月も続いた上、4月末から5月初めの連休で、気持ちが途切れ無気力になり、精神的疲れが一気に出てしまい…こういう仕組みで五月病に陥ってしまうようです。

また、五月病になりやすい性格、というのもあるようです。

◆几帳面
◆真面目
◆完璧主義
◆責任感が強い
◆内向的で感情を表に出さない
◆周囲に気を配り、合わせる

こんなタイプの人は要注意。特に新しい環境では変化への適応が大切。それが苦手な人、逆に感情を飲み込んでしまう人はストレスやフラストレーションがたまりやすいので五月病になりやすい傾向にあります。

五月病かな、と思ったらとにかくストレスを取り除き、気分転換・リラックスする事が大切。それにはこんな方法がオススメ。

◆趣味や運動をする
◆好きな音楽を聞いたり、歌を歌う
◆たっぷり睡眠をとる
◆ゆっくり入浴する
◆友人に話を聞いてもらう
◆自然の多いところに行く
◆旅行に出掛ける
◆本を読む
◆アロマテラピーやハーブティーなど香りで寛ぐ
 (ハーブティーについての記事はこちら⇒「花粉症と闘うあなたに~ハーブティーで対策を」)
◆美味しいものを食べる

ただし、最後の美味しいものやお酒は頼りすぎると摂食障害やアルコール中毒など別の問題を引き起こす可能性があるので、これらへの頼りすぎには注意!です。
その他、新しい環境になる前の、以前の友人・知人に会いに行くのも良い方法です。

いろいろな方法を試してみても、五月病の症状が1ヶ月以上続いてしまう場合はうつ病の可能性があります。特に以前は興味があった趣味などに関心がなくなってしまった場合などは、早めに心療内科か精神科を受診する事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA