日本人の桜好きのルーツに迫る&花見の歴史を受け継ぐためには?

こんにちは。

もうすっかり春です。
と言ったらですね。

 

桜と言えば思い浮かぶ行事がありますね。そう、花見です。
花見は日本の春を代表する行事ですね。
美味しい料理を食べながら綺麗な桜を見るとても素敵な行事だと思います。では、そんな花見が
何故桜の木の下で行われる様になったのでしょうか。

日本の花見は奈良時代に中国から伝来して、貴族の行事として定着した様です。
なんと伝来したばかりの頃は桜じゃなくて梅を鑑賞していたそうです。
では、梅から桜にどうして変わったのかを考えてみましょう。

西暦812年3月28日、嵯峨天皇が神泉苑で「花宴の節」を催したと「日本後紀」にあります。
その時は桜が花の主役であり、これが記録に残る花見の初出と考えられています。

嵯峨天皇は前年に地主神社の桜をいたく気に入り、以降、毎年桜を献上させたといいます。
当時、貴族達の間で桜の花見が急速に広がり、これが日本人の桜好きのルーツと言われています。
平安時代に入ると桜の人気はさらに高まりました。

「古今和歌集」の春の歌はほとんどが桜について歌った歌でした。
「源氏物語」でも宮中での宴の様子が記されています。
鎌倉時代に入ると一般的にも普及していき、武士や町人の間でも行われる様になりました。

日本の桜の代表品種はソメイヨシノという桜なのですが、
このソメイヨシノは江戸後期に染井村で作られた、エドヒガンという品種と
オオシマザクラという品種の交配種です。

ソメイヨシノは明治の中頃より全国的に広がっていき、観賞用の桜の代表種となりました。
それにしても、日本の花見にはこんなにも歴史があったのですね。

しかしながら、こんな花見にも問題があります。
一部の心ない人からゴミの不法投棄、カラオケなどの騒音問題、
桜の枝を折ったり、木を傷つけるなどの行為が行われています。

 

素敵な歴史をもつ花見ですから最低限のマナーを守っていきましょう。
話が長くなってしまいましたが、素敵な歴史をもつ花見という行事を
みんなでこれからも楽しみながら、受け継いでいきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA