真夏のアツい日本を盛り上げる『夏祭り』。各地の大祭と祭りの起源。

山車にお囃子、屋台に花火大会浴衣姿…日本の祭りはなんとも言えない風情がありますね。

中でも8月のお盆休みなどと重なる夏祭りは、帰省の時期と相まって、地元にいる懐かしい人々との再会などもあり、感慨深いものでしょう。

日本の夏祭りは盂蘭盆会(お盆)、七夕、祇園祭などが発展したものやその周辺行事を起源とするものが多いため、旧暦の6~7月、現在の7月上旬~8月下旬に行われます。

農村部では夏季労働による疲労を癒したり、また農業の大敵である夏虫を退治する『虫送り』など農事を起源とする行事が多くあります。
いっぽう都市部では人が密集するため夏季には疫病が発生しやすかったこともあり、疫病封じやその死者を弔う行事を起源とするものが多い傾向にあります。
ただし最近では近代化して変質した祭りも多く、厳粛な雰囲気よりも華やかな行事であることから、流行の浴衣や、Tシャツでジーンズなどラフな服装で出掛けられる祭りが一般的となっています。
Tシャツについてさらに深く知りたい方はコチラ⇒以外と深かった!あまり知られていないTシャツの歴史とは?

他にも江戸時代以前に起源を持たず、近現代的行事として始まった祭りや、『みなとまつり』など郷土色豊かな祭り、地域の伝統的夏祭りを模倣し、影響を受けた祭りも増えています。

ここで各地の代表的な祭りを上げてみます。

日本の主な大祭

青森 ねぶた祭り(東北三大祭り)
仙台 七夕祭り(東北三大祭り)
秋田 竿燈祭り(東北三大祭り)
東京 深川祭り(江戸三大祭りの一つ)
東京 神田祭(日本三大祭りの一つ)
岐阜 郡上踊り
愛知 尾張津島天王祭(日本三大川祭りの一つ)
京都 祇園祭(日本三大祭りの一つ)
大阪 天神祭(日本三大祭りの一つ)
徳島 阿波踊り(四国三大祭りの一つ)
高知 よさこい祭り(四国三大祭りの一つ)
愛媛 新居浜太鼓祭り(四国三大祭りの一つ)
福岡 博多祇園山笠

これらは代表的な大祭ですが、まだまだ各地に大小様々な祭りがあります。また夏フェスなどのイベントやヒーローショーなどが開催される所もあります。

祭りは郷土の特色を色濃く反映しているので、その土地の元風景や歴史が学べ、また地元住民同士のつながりや出会いも生まれます。
出会いについて詳しく知りたい方はコチラ⇒出会いには人を成長させる力があるのです。全ての出会いに感謝。

…などと偉そうに書いてしまいましたがようは『お祭り』。暑いこの時期に、普段にはないハレの日を存分に楽しむ事こそが夏祭りの醍醐味ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA