端午の節句、昔は女性の行事だった?子供の日(端午の節句)の由来とは?

春風が心地よい今日この頃、皆さまどのようにお過ごしですか?
5月が近づく時期になると、各地の空に鯉のぼりが泳ぐようになりますね。

子供の日(端午の節句)は、今では男の子の日というイメージですが、なぜそうなったのでしょう?

この日を端午とする風習は、紀元前3世紀の中国で始まったとされています。

日本では田植えの前に男性が屋外に出て、女性だけが家に閉じこもり穢れを祓い清める『五月忌み(さつきいみ)』という風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられたため、当初端午は女性の節句でした。

宮中では菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿に集まり、帝から薬玉(くすだま-薬草や香料などを丸く固めて造花などで飾りつけたもの)を賜る行事があり、貴族同士で薬玉を送る習慣もありました。

しかし、鎌倉時代ごろから『菖蒲』と『尚武(-武道や武勇を重んじること)』が同じ読み方なのと、菖蒲の葉の形が鋭い剣のような形である事から、次第に男の子の行事となっていきました。
また、端午の節句の内容が厄除けだったこともあり、男の子の成長と健康を祈るようになりました。

昭和の時代になり、国が5月5日は『子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する』日=子供の日と制定しました。

現代の子供の日は、鎧兜や武者人形、刀などを飾ったり、『鯉の滝登り』の言葉にあるように立身出世の象徴である鯉を模したのぼり『鯉のぼり』を立て、粽(ちまき)や柏餅を食べるのが一般的な祝い方になっています。

粽は中国から来た風習です。
紀元前3世紀の中国で、楚の詩人屈原の命日である5月5日に、彼を慕う人々が、川に身投げして亡くなった彼の遺体を魚が食べないよう粽を川に投げ入れたのが由来とされています。

一方柏餅を食べるのは日本独自の風習。柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから『家系が絶えない』縁起ものとして食べられるようになりました。

近年は少子化の影響もあってか、とくに初節句は盛大に祝う傾向にあるようです。

初節句のお祝いの品や、子供の日の贈り物として、ルリアンクラウンの商品はいかがでしょう?

ルリアンクラウンでは、ネックレスTシャツタンブラーなど特別仕様の商品を展開中!
(特別仕様についての記事はこちら⇒「世界に一つ!カスタムメイド(特別仕様)のタンブラーをあなたに」)

お子様の特別な日を、特別な品で祝うのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA