酒呑みの夏の聖地!ビアガーデン・ビアホールのそんなこんな。

いよいよ5月、ゴールデンウィークをお楽しみの事と思います。
今年は寒い日が多かったので、ピンと来ない方も多いでしょうが、そろそろ日本各地でビアガーデンがオープンしています。
酔漢の皆様にとっては嬉しい季節の到来!といったところでしょうか。

ビアガーデンは、屋外または建物(主にデパート、ホテルが多い)の屋上などにテーブル席を備え、ビール等の酒類やつまみとなる料理を提供する形式の酒場で、多くはゴールデンウイーク~9月末位までの夏期限定で開催されます。

また、期間限定で行なわれるイベント型ビアガーデンなども存在します。
「ザ・プレミアム・モルツ」が1杯200円!?サントリーの期間限定イベントに行ってみよう!
(外部サイトにジャンプします)

広く大衆に好まれ夏祭りや花火とともに夏の風物詩であり、夏の季語でもあります。

日本初のビアガーデンは、1875年横浜山手で「スプリング・バレー・ブルワリー(1880年創業、現在の麒麟麦酒)」の、アメリカ人創始者ウィリアム・ユープラントが、工場隣接の自宅を改装して開業した「スプリング・バレービヤ・ガーデン」。ただしこちらは屋上型ビアガーデンではありませんでした。
日本で最初の屋上型ビアガーデンは、1953年に大阪市北区梅田でオープンした「ニュートーキョー大阪第一生命ビル店」。こちらは今でも営業している現役ビアガーデンです。

また、ビールにまつわる裁判が起こされたこともあります。1940年東京上野のビアホールで「泡が多すぎる」と客が抗議。警察が「生ビールの仕入れ量に対して売り上げ量が異常に多い」ことで法律違反の疑いがあるとして、このビアホール会社を検察が起訴しました。しかし、裁判で醗酵・醸造学の世界的権威であった坂口 謹一郎(さかぐち きんいちろう、1897年11月17日 – 1994年12月9日)が「ビールの泡はビールよりもアルコール濃度が高い」と証明し、1944年『ビールの泡もビールと認める』と無罪の判決が下されました。(つまり、法律上でもビールの泡までビール、と認められているということですね。)

次に日本各地の主なビアガーデン、ビアホールを紹介します。

◆北海道
札幌市大通公園の「さっぽろ大通りビアガーデン」

◆宮城県
「サッポロビール仙台ビール園ビアホール」

◆東京都
東武百貨店池袋店16階屋上ビアガーデン「カーニバルキャンプ&ビア」
「高尾山ビアマウント」
「東京湾納涼船」(東京湾で夏期のみ季節運航する納涼船)

◆神奈川県
みなとみらい地区のキャプテン翼スタジアム内にある「横浜みなとビアガーデン」

◆愛知県
サッポロビール名古屋ビール園「浩養園」
名古屋三越 栄本店屋上のビアガーデン「マイアミ」
丸栄屋上「栄ど真ん中ビアガーデン」
中日ビル屋上「中日ビル屋上ビアガーデン」

◆大阪府
第一生命ビル屋上ビアガーデン「ニュートーキョー第一生命ビル店」
阪急ターミナルビル「阪急トップビアガーデン」
堂島サントリービル「サントリー屋上ビアガーデン」
近鉄百貨店 上本町店「アサヒ屋上スカイバイキング」
阪急うめだ本店「うめはんビアガーデンマルシェ」

◆和歌山県
和歌山ターミナルビル屋上「グランヴィアビアガーデン」

◆広島県
ANAクラウンプラザホテル広島「スカイビアレストラン」
呉阪急ホテル「スカイビアテラスBEER & B.B.Q」

◆香川県
JRホテルクレメント高松 「「美」アテラス」

◆高知県
ホテル日航高知旭ロイヤル「ビアガーデン2017 街のリゾートビアテラス」

◆福岡県
天神コア屋上「オープントップビアテラス -R-」
ホテルセントラーザ博多「屋上12F ビアガーデン」
西日本新聞会館屋上「天神スカイビアテラス」

お近くのビアガーデン、ビアホールがありましたでしょうか?

最後に少々商品紹介を。

 

ルリアンクラウンでは、春~夏のラフスタイルにピッタリの「ナンバーTシャツ」「イニシャルTシャツ」を販売中!

こちらのTシャツ、左胸のナンバーやイニシャルは、丁寧にハンドメイドで並べたスワロフスキー。
ビアガーデンの独特の光の中で、美しい輝きを放ちます
今年の夏は「ナンバーTシャツ 」「イニシャルTシャツ」を着てビアガーデンにGO!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA